総合職

さまざまな部門でマネジメントに携わることを期待しています。

数年おきのジョブローテーションにより、さまざまな部門の業務を経験し、マネジメント能力を高めていきます。採用区分は「事務」「運輸」「車両・機械」「施設」「電気・システム」の5つの系統に分かれており、勤務地は当社事業エリア全域です。
「事務」系統は主に、経営企画、総務、人事、財務、広報、営業、関連事業などに関わる部署で、施策の企画・立案・推進を行います。
「運輸」「車両・機械」「施設」「電気・システム」の4つの系統は、それぞれの専門分野・技術をベースとして、関連するさまざまな部署で、施策の企画・立案・推進を行います。
「超電導リニアによる中央新幹線の推進」をはじめとした各プロジェクトにおいては系統の枠を超え、力を結集しその実現をリードしていきます。

  • 事務系統

    事務系統は、数年おきのジョブローテーションにより、主に経営企画、総務、人事、財務、広報、営業、関連事業などに関わる業務を経験し、施策の企画・立案・推進を行うことで、マネジメント能力を高めていきます。また現業機関において、社員教育や職場のマネジメントを担うこともあります。

  • 運輸系統

    運輸系統は鉄道輸送に関わるさまざまな業務をジョブローテーションによって経験し、幅広い部門でマネジメント業務を行うことを期待しています。運輸系統の計画部門や現業機関を牽引するほか、リニア・中央新幹線による将来の輸送体系の構築など長期的施策の企画推進、また投資計画策定をはじめとする経営企画、安全対策、人事、広報、営業等の幅広いフィールドでの活躍を期待しています。

  • 車両・機械系統

    「車両・機械」分野のさまざまな業務を経験した上で、その知識・技術を活かしたマネジメント業務での活躍を期待しています。働くフィールドは鉄道車両(新幹線・在来線)、機械、超電導リニア、技術開発のほか、投資計画策定をはじめとした経営企画、営業、総務、人事、広報、安全対策といった部署もあります。 キャリアステップは、入社後数年間は「車両・機械」分野で業務経験を積み、能力・適性に応じてジョブローテーションを行いながら、マネジメント能力を高めていきます。

  • 施設系統

    鉄道技術者として、施設系統業務に軸足を置きつつ、技術的見地から会社施策を提言し、遂行することを期待しています。調査・計画、建設工事、保守、技術開発はもちろんのこと、投資計画策定をはじめとした経営企画・関連事業・総務・人事・広報・安全対策といった幅広いフィールドでの活躍を期待しています。

  • 電気・システム系統

    電気・システム系統の業務に軸足を置きつつ、高いマネジメント能力を発揮し会社施策の企画、立案、推進を行うことを期待しています。入社後まずは鉄道事業の最前線を経験し、その後はさまざまなフィールドでの業務を通じてマネジメント能力を高めていきます。鉄道事業、建設工事、情報システム、技術開発、超電導リニアの推進といったフィールドのほか、投資計画策定をはじめとした経営企画、営業、総務、人事、広報、安全対策といったフィールドでの活躍を期待しています。