運輸系統

安全の確保を第一に、鉄道輸送の最前線でお客さまに
最高のサービスを提供する。

「安全」は輸送業務の最大の使命である…運輸系統がつねに意識しているのはお客さまの安全を確保すること。その上で安定性、正確性、快適性、利便性を兼ね備えた輸送サービスを提供するために、ハード・ソフトの両面からチームワークでアプローチしています。
駅係員・車掌・運転士として、お客さまの安全を守り、サービスを最前線で提供するとともに、戦略的な輸送計画の策定から、車両・乗務員の効率的な運用計画、設備投資計画の策定などの企画計画業務、社員の教育・指導業務まで、安全に基づく輸送サービスを総合的にコーディネートしています。
活躍するフィールドは多岐にわたりますが代表的なフィールドを紹介します。

働くフィールド

  • 駅・車掌・運転士

    JR東海の「顔」として、最前線でお客さまの安全を守り、正確性・安定性を実現、快適な輸送サービスを提供します。安全を守る知識や安全を最優先した取扱いを常日頃の訓練で習熟し、実際の異常時やトラブルにも確かな知識と経験、チームワークで的確に対応し「安全で時間に正確なご旅行」を高いレベルで実現しています。また駅や車内空間において、ホスピタリティー・マインドとサービス・スキルを磨き上げ、お客さまのよろこびを追求し、実践する。その仕事はまさにお客さまに「サービス」をお届けするプレゼンター。お客さまの「笑顔」と「ありがとう」は大きなやりがいです。

  • 運行管理

    24時間体制で列車の安全・安定輸送を確保する指令員。悪天候などで列車の運行に乱れが生じた場合は、ダイヤの修正や車両の運用変更、ほかの鉄道会社との調整を行い、関係各駅・各列車に適切な指示を伝達するなど中心的な役割を担います。また、車内での急病など、お困りのお客さまがいらっしゃる場合は、駅係員や車掌と連携し、迅速かつ的確な対応を行うなど、サービスの司令塔としての役割も果たしています。

  • 輸送計画・運用計画

    鉄道会社の最大の「商品」はダイヤ。輸送計画は、マーケティング担当として中長期的かつ多面的な需要想定を行い、お客さまに安全、正確、快適、便利に鉄道をご利用いただくための戦略的なダイヤを策定する業務です。車両性能や地上設備などの必要条件を提言し、これを最大限活かした最適な輸送体系を追求、高品質なダイヤの提供に努めています。このダイヤの成立に必要不可欠な要素が車両と乗務員の割り当て。運用計画では、安全を最優先の条件として、車両のメンテナンス周期、乗務員の休憩時間など複雑な制約条件のもとで、最も効率的な組合せを考え、会社資源を最大限発揮できるよう努めています。

  • 設備計画(運転・営業)

    戦略的なダイヤの実現に向けて…運転設備計画では、列車運行の安全を絶対的に担保する信号保安の仕組みや必要な車両性能、駅ホームや配線等の設備について、他系統と打ち合わせながらユーザーの立場から必要な提言や検証そして投資計画の策定を行います。
    お客さまに快適にご利用いただくために…営業設備計画では、お客さまの動向やニーズを分析し、駅内レイアウトの提案や、案内表示の内容、各種設備の仕様などの決定に携わり計画を推進します。また車掌用の発券端末の機能を進化させ、スムーズなご案内を実現するなどさまざまな面からサービス向上に携わります。
    どちらもお客さまとユーザーの代表としてコンセプトをまとめ、技術を形にしていく仕事です。

  • 教育・訓練

    お客さまを何より安全に、そして快適に目的地へ。輸送業務を最前線で実践しているのは「ヒト」。だからこそ教育には力を入れて計画的に取り組んでいます。安全面では、安全を確保するために必要不可欠なルールの策定や体制の整備に始まり、さまざまなトラブルを再現できる運転士や車掌の訓練シミュレータを開発し、各現業機関で実践的なトレーニングを行っています。また、睡眠の状況を科学的に分析しアドバイスするプログラムを開発し、駅係員・乗務員が高いパフォーマンスを発揮できるよう支援しています。サービス面では、世界一のサービスをめざし、外部講師を招いた研修の企画・立案から、乗務員の声を集めたケーススタディ集の作成など、お客さまをおもてなしする社員の育成に努めています。

採用区分とキャリアイメージ

総合職
運輸系統は鉄道輸送に関わるさまざまな業務をジョブローテーションによって経験し、幅広い部門でマネジメント業務を行うことを期待しています。運輸系統の計画部門や現業機関を牽引するほか、リニア・中央新幹線による将来の輸送体系の構築など長期的施策の企画推進、また投資計画策定をはじめとする経営企画や、安全対策、人事、広報、営業等の幅広いフィールドでの活躍を期待しています。
プロフェッショナル職
鉄道の運行に直接携わる駅係員、車掌、運転士や運行管理など鉄道輸送業務のスペシャリストとして、鉄道事業の安全とサービスをレベルアップする役割を期待しています。将来は、最前線でのリーダー・中心的存在になることに加え、その知識・技術・経験を基に運行管理や運輸の計画部門、個人の能力・適性によっては経理・システムなどに関わる部門での活躍を期待しています。