私の創造

在来線、東海道新幹線、そして中央新幹線へと受け継がれてきた魂がある。

総合職(電気・システム)
布川 智康

仕事

中央新幹線の実現に向け、電力設備の保守体系を構築する。

パワーエレクトロニクスの技術者として。

現在山梨リニア実験線の電力設備の維持・管理を行いながら、中央新幹線の開業に向けて、超電導リニア電力設備の保守体系の構築に取り組んでいます。2013年に山梨リニア実験線を42.8kmに延伸しましたが、その全区間での走行試験を開始してから3年以上が過ぎ、新しく導入した電力設備の保守・点検データを蓄積することができました。今後は得られた知見に基づき、営業線を開業するまでに電力設備の管理手法を確立させる必要があります。中央新幹線計画という、非常に大きなプロジェクトを推進するなかで、自らの手で保守体系を構築できることを本当にうれしく思います。かつての先輩方が50年以上前に「東海道新幹線開業」に向けて味わった醍醐味を、いま私たちも味わっていることに、鉄道人そしてJR東海社員ならではのやりがいを感じています。
私は学生時代にパワーエレクトロニクスを専攻しており、その技術により制御する超電導リニアの分野で、専門性を活かしつつマネジメントに携わりたいと考えて入社しました。中央新幹線の電力設備には多くのメーカーの製品が使われており、それぞれの機器については各社の技術者が精通しています。私たちはユーザー側として彼らとチームを組み、よりよい設備の仕様策定、最適な保守体系を確立するためにも、関係者のなかでもっとも豊富な知識を持ったうえでチームをまとめる必要があります。まさにパワーエレクトロニクスを専攻した経験を活かしながら、マネジメントをすることができていると実感しています。

 

「絶対に列車を止めない」という決意のもとで。

入社後に印象的だった出来事は、入社3年目に在来線の変電所の設備更新工事を担当したことです。設備の経年に伴う取替工事でした。“機器を取り替える”といっても、新しい設備を設置した後に古い設備から新しい設備に切り替え、最後に古い設備を撤去するまで3ヵ月もかかる大工事でした。そしてその間、運行している列車を止めないために設備仕様や影響範囲を検討し、関係各部署と調整に調整を重ねて準備する必要がありました。担当者として計画の全体像を考えながら、配線一本一本に至るまで細かな点にも気を配り、常に「これで最適な形なのか?」と自問自答を繰り返しながら、上司や同僚の協力を得て進めていきました。鉄道は毎日安全かつ決められた時間通りに走って当たり前という存在ですから、電気を安定して供給する必要があります。チェックを繰り返し、ようやく設備を稼働させることができて初めての列車が無事に通過した時の安堵感と達成感は今でも忘れられません。
この時の、「絶対に列車を止めてはならない」という想いは私の心に強く根付いており、在来線・東海道新幹線・中央新幹線と、時を超えて受け継がれていく当社の魂のようなものだと思います。
中央新幹線プロジェクトは、JR東海のさまざまな技術を持った社員の力を結集して進められています。目に見えない電気はまさしく縁の下の力持ちのような存在であると思います。私もこのプロジェクトを支えるひとりとして、将来の中央新幹線の安全・安定輸送を実現すべく、電力設備に関する保守体系の構築に取り組んでいきます。

 

キャリア

在来線の経験を中央新幹線計画にも活かす。

'09-4月入社、新入社員研修
三島研修センターにて、同期社員が一堂に会して、社会人としての心構えを学びました。安全・安定輸送を確保していくための、鉄道人ならではの厳しさを知りました。
'10-6月東海鉄道事業本部 工務部 電力課
在来線の電力部門を統括する部署で業務の基本を学びました。
'10-7月木曽福島工務区
在来線の現場に配属され、中央本線の電力設備の保守に関わりました。安全・安定輸送を実現する上でのチームワークの大切さを学びました。冬の厳しい寒さのなか、鉄道の安全・安定輸送を最前線で守ったことが強く印象に残っています。
'11-7月東海鉄道事業本部 工務部 電力課
在来線の変電所の管理・取替工事に関わり、設備更新の重要性を学びました。また、電力設備を維持更新していくための工事計画の策定を行う業務にも関わりました。大規模工事の計画を練る業務は緊張感も伴いましたが、自らの考えが今後の設備更新に反映されていくため、非常にやりがいのある仕事でした。
'13-7月中央新幹線推進本部 中央新幹線建設部 管理部
中央新幹線建設部内の総合調整を行う部署に異動しました。中央新幹線工事の安全祈願・起工式や、中央新幹線の工事用事務所の整備などを担当しました。私が担当した安全祈願・起工式の様子がテレビ等で大々的に取り上げられた時の感動は忘れられません。
'16-7月中央新幹線推進本部 リニア開発本部 山梨実験センター取材当時
山梨実験センターで超電導リニア電力設備の維持管理を行いながら、中央新幹線開業に向けた保守体系の構築に取り組んでいます。

これからめざすもの

これからも中央新幹線の建設に関わることで、日本経済を支える輸送に貢献していきたいと思います。JR東海ならではの、誇り高い仕事だと思います。

プライベート

  • 1歳の息子と過ごす週末
    家族と過ごす週末が楽しみです。息子は1歳、日々成長していく姿は何ものにも代えがたいよろこびです。いつも、また一週間がんばろうという元気をもらっています。
  • 趣味はバスフィッシング
    木曽福島工務区に勤務していた時にバスフィッシングを始めました。釣りというのは、じっとしているようで実は頭はフル回転という趣味。釣れた瞬間はもちろん、釣れるまでも楽しいものです。息子が成長したら、ぜひ一緒に楽しみたいですね。
布川 智康

Profile

布川 智康

総合職(電気・システム)
中央新幹線推進本部 リニア開発本部 山梨実験センター
2009年入社
情報工学専攻修了