在来線鉄道事業

地域に根差したネットワーク

地域の生活を支え、東海道新幹線と一体となったネットワークを形成する在来線

在来線鉄道事業の概要

315系
JR東海は、名古屋・静岡を中心とした地域に根差した在来線運営を日本の大動脈輸送と一体的に行い、人々の生活を支えています。営業キロでは約1,400kmと東海道新幹線の約2.5倍の距離に相当し、通勤・通学をはじめとする日常生活の移動手段、つまり、地域の社会基盤としての使命を果たしています。

サービス向上の取組み

在来線では、新型車両の投入やそれに伴う速達化、フリークエンシー向上などサービス向上の取組みを着実に進めています。特急列車については、新幹線との接続の充実により、新幹線・在来線一体となったネットワークを整備し、主要な特急列車に対して季節やイベントによる需要の変動に合わせた増発・連結により弾力的な輸送力設定を行うことで利便性を高めています。また、車両については、省エネルギーやバリアフリー、乗り心地などに配慮した最新の車両を会社発足当初より計画的に新製、投入してきました。今後、特急「ひだ」「南紀」に使用している85系気動車の取替えとして、ハイブリッド方式を採用した次期特急車両「HC85系」の量産車を2022年度から2023年度にかけて新製します。HC85系は、ハイブリッド方式の鉄道車両では国内初の最高速度120km/hでの営業運転を実現します。また、普通列車についても、快速列車体系の整備、発車時刻の等間隔化、朝夕の通勤時間帯を中心とした列車の増発・増結等、ご利用いただきやすいダイヤの設定に努めています。加えて、会社発足前後に投入した211系、213系、311系の取替えとして、新形式の通勤型電車「315系」を2021年度から2025年度にかけて新製し、名古屋・静岡都市圏を中心に、中央本線、東海道本線、関西本線等に順次投入します。これら新車の投入により、すべての車両が会社発足以降に新製した車両となり、安全性や安定性、快適性、利便性といったお客様サービスの向上、環境性能のさらなる向上等を実現します。

在来線輸送人員の推移
HC85系試験走行車

地域と連携した営業施策の展開

「飯田線秘境駅号」ポスター

当社の沿線は多くの観光資源に恵まれています。沿線観光地の地元の方々や旅行会社との連携を深めつつ、魅力ある観光資源について、駅や列車内、ホームページ等で宣伝を行うとともに、様々な営業施策を実施し、観光需要の喚起に努めています。例えば、特急列車の往復指定席に滞在地でのバスやタクシー乗車券等の移動手段やお買い物券がセットになった特別企画乗車券を発売し、在来線優等列車のご利用向上を図っています。また、人里離れた山間にある駅舎や風光明媚な区間を走行する飯田線において、急行「飯田線秘境駅号」を観光需要が高まる時期に運行し、非日常感溢れる鉄道の旅を提案しています。さらに、当社の駅を基点として駅周辺の観光名所を散策できる予約不要、参加費無料の「さわやかウォーキング」を展開しています。このほか、JR6社で行うデスティネーションキャンペーンを通じて、自治体や旅行会社等と連携し、魅力ある観光素材・商品の開発や観光列車の運行等を行い、地域の活性化に寄与するとともに、新幹線・在来線のより一層のご利用拡大に取り組んでいます。