関連事業

鉄道との相乗効果を活かし、
より豊かな暮らしを実現する

関連事業の展開

JRセントラルタワーズ(右側)とJRゲートタワー(左側)
将来にわたって安定した経営を維持し、さらに一層強固なものにしていくためには、収益基盤の拡大が必要です。JR東海はグループ会社と一体となり、「JRセントラルタワーズ」や「JRゲートタワー」など、駅立地を十分に活かすことができる事業をはじめ、鉄道との相乗効果が期待できる分野を中心に事業の拡大を進めています。

JRセントラルタワーズ・JRゲートタワー

鉄道をご利用になるお客さまをはじめ、多くの方が集まる駅は、JR東海にとって重要な経営資源です。この資源を活用し、商業施設、オフィス、ホテルなどの都市機能を集積した「JRセントラルタワーズ」や「JRゲートタワー」などの高層複合ビルの開発を手掛けています。2017年4月に全面開業したJRゲートタワーについては、JRセントラルタワーズと一体で利便性の高い魅力ある空間を創造し、名古屋駅周辺地区にさらなるにぎわいを創出することをコンセプトとし、主な商業施設・テナントとして、ジェイアールセントラルビル(株)が運営する「ゲートタワープラザ レストラン街」、(株)ジェイアール東海髙島屋が運営する「タカシマヤ ゲートタワーモール」、(株)ジェイアール東海ホテルズが運営する「名古屋JRゲートタワーホテル」、家電量販店の「ビックカメラ」、アパレルカジュアルの「ユニクロ」、「ジーユー」のほか、フィットネスクラブや保育施設などが入居しています。レストラン街やゲートタワーモールには、東海地区初出店などの話題のお店が数多く揃い、開業以来、多くのお客さまにご利用いただいています。

タカシマヤ ゲートタワーモール
名古屋JRゲートタワーホテル客室(スーペリアツイン)

主要駅での駅ビル商業施設運営

東京一番街「東京グルメゾン」

東京駅

東京駅では、「東京キャラクターストリート」「東京ラーメンストリート」「東京おかしランド」「TOKYO Me+(トウキョウミタス)」「にっぽん、グルメ街道」や、バラエティ豊かな人気の飲食店を集めて2018年6月にオープンしたグルメスポット「東京グルメゾン」などのゾーンで構成する商業施設「東京駅一番街」を運営しています。つねに魅力ある商業施設となるよう、これまでにさまざまなリニューアルにも取り組んでおり、国内外のお客さまから好評をいただいています。

新横浜駅

新横浜駅では、駅直上の商業施設「キュービックプラザ新横浜」・「ホテルアソシア新横浜」・オフィスで構成する複合施設「新横浜中央ビル」や、隣接するカジュアルな飲食店を集積した「ぐるめストリート」を運営しているほか、2017年11月からは駅改札内の一部ゾーンにも店舗を展開しています。家電量販店「ビックカメラ」や神奈川県最大級の売場面積を誇る「ユニクロ」をはじめ、バラエティ豊かな店舗が揃っており、オフィスワーカーをはじめ観光やビジネスで駅をご利用になる方や近隣にお住まいの方など、多くのお客さまから好評をいただいています。

静岡駅ビル「パルシェ」食彩館

静岡駅

静岡駅では、駅ビル「パルシェ」において2017年9月に本館の全面リニューアルを、2018年11月に食彩館の全面リニューアルを実施しました。魅力あふれる空間となるよう、静岡地区初出店や新業態など話題となるような店舗を誘致しました。また、「アスティ静岡」では、気軽にお食事やお買い物を楽しんでいただける施設として、日々多くのお客さまにご利用いただいています。

売上日本一のバレンタイン催事(ジェイアール名古屋タカシマヤ)

名古屋駅

名古屋駅では、駅構内のレストランゾーン「名古屋うまいもん通り」を2017年12月に広小路口側にもエリアを拡大し、人気の「名古屋めし」などカジュアルな店舗を取り揃えた全45店舗で、バリエーション豊かなお食事、お買い物を楽しんでいただけます。また、全国の人気店やご当地ラーメンを集めた「名古屋・驛麺通り」を2016年11月に全面リニューアルし、多くのお客さまから好評をいただいています。

アスティ京都「京都おもてなし小路」

京都駅

京都駅では、観光で京都駅をご利用されるお客さまがますます増えるなか、より京都らしさを感じていただけるよう、2015年8月に商業施設「アスティ京都」内レストランゾーンを「京都おもてなし小路」としてリニューアルオープンしたほか、2016年9月には物販ゾーン「八条小町」を開業しました。京の老舗店舗や京都の食の人気店による新コンセプトショップを誘致したほか、ゾーン内のデザインも格子を使用するなど和の風格を感じさせる工夫を凝らし、連日、多くのお客さまでにぎわっています。

このように、当社エリア内の主要駅において展開する駅商業施設では、駅ごとの多様なニーズにお応えし、駅をご利用の方や近隣にお住まいの方へ豊かさを提案するとともに、それにより地域の活性化へつなげています。

積極的な事業展開

「いいもの探訪」ポスター
「いいもの探訪」ロゴ

JR東海グループでは、事業を積極的に展開し、収益基盤の拡大や多角化によるグループの総合力強化を図っています。
社宅跡地をはじめ、保有する不動産の有効活用に取り組んでおり、名古屋市千種区高見の社宅跡地に分譲マンションと商業施設からなる「ナゴヤ セントラルガーデン」を2007年4月に開業したほか、静岡地区、岐阜地区、横浜地区などにおいても、分譲マンションや宅地開発などを推進しており、2018年2月には岐阜県岐阜市、同年9月には愛知県刈谷市の社宅跡地において「セントラルガーデン・レジデンス」ブランドの高層マンションを開発しました。
また、お客さまにより安全かつ安心な食を提供するため、2010年1月から農業事業に参入し、ジェイアール東海商事(株)が栽培した野菜などをグループ会社が運営する飲食店などで提供しています。
さらに、沿線地域の活性化に向けた取組みとして、地産品などのご当地情報を紹介するサイト「いいもの探訪」を2015年12月に開設しました。2016年10月からは、地域の生産者と全国のお客さまとをつなぎ、一層、地域の魅力を感じていただきたいとの思いから、同サイト上で地産品の販売を行っています。その土地の伝統や風土が感じられる商品を通じて地域の魅力を発信し、地域活性化のきっかけづくりをめざしています。