1. トップページ
  2. 会社を知る
  3. 戦略・事業紹介
  4. 技術開発・技術力強化への取組み

技術開発・技術力強化への取組み

鉄道の未来を創造する研究開発

研究開発概要

小牧研究施設
鉄道事業は、さまざまな技術を持つ社員が協力して着実に業務を執行するとともに、車両、土木構造物、軌道、電力・信号通信などのさまざまな設備が有機的に機能することで成り立っています。鉄道事業にとって、より一層の安全確保や将来の経営基盤強化のためには、そのベースとなる技術力を不断に高めることが重要です。こうした認識のもと、当社は、積極的に実用に即した技術開発・技術力強化に取り組み、大きな成果を上げています。

小牧研究施設

JR東海では、愛知県小牧市の自社研究施設により、将来を支える技術開発の推進、技術力の向上と人材の育成を図っています。小牧研究施設の大きな特長の1つは、実物大の試験装置を使って技術開発を行っている点です。鉄道の研究開発の基本的サイクルである、「フィールドにおける現象の把握」、「理論解析とシミュレーション」、「試験装置による検証」を行いながら技術開発を進めており、これまで、当社独自のさまざまな技術開発成果を挙げてきました。今後も安全・安定輸送の確保を最優先に、新しい考えや技術を取り入れながら開発を推進していきます。代表的な取組みとして、東海道新幹線の車両のさらなるブラッシュアップ、大規模改修工事などの設備の維持更新におけるさらなるコストダウンを進めていきます。また、検査・保守の省力化や輸送サービスの充実につながる実用技術の研究開発、異常気象や大規模自然災害に対する、より的確な予測、検知などに関わる技術開発を推進していきます。
試験トラス橋
電車線試験装置(走行台車)

設備の維持強化

設備の維持強化については、東海道新幹線の土木構造物の将来にわたる健全性を維持・向上する新たな大規模改修工法を確立し、2013年度から着手しています。
また、地震対策として、従来から進めてきた構造物の耐震補強や地震発生時に列車を早期に停車させる対策に加え、(1)脱線そのものを防止する脱線防止ガード、(2)万が一脱線した場合に車両の逸脱を防ぐ逸脱防止ストッパ、(3)構造物の大きな変位を抑制する対策、からなる「脱線・逸脱防止対策」を確立し、2009年度より順次実施しています。
さらに、東海道新幹線の特徴である長大編成かつ高密度の列車の高速走行に対応し、保守費用の低減を実現できる高速ヘビーシンプル架線を開発し、2014年度以降順次導入を進めています。

車両走行試験装置

新しい車両を支える技術開発

これまで試験専用の新幹線車両などを用いて間断なく開発を行い、N700系、N700A、N700Sに成果を実用化してきました。
2007年7月に営業運転を開始したN700系には、車両運動総合シミュレータを活用し開発した「車体傾斜システム」や低騒音風洞の活用による「先頭形状の改良」など、研究施設における各種の研究開発成果が適用されています。
また、2013年2月から投入されたN700Aには、車両走行試験装置やN700系試験専用車両などを用いた技術開発成果を反映し、安定したより強いブレーキ力を実現する「中央締結ブレーキディスク」、全台車の状態を常時監視する「台車振動検知システム」、ATC信号に沿ったより安定した運転を実現する「定速走行装置」を搭載し、より安全性・安定性を高めています。
さらに、2018年4月に走行試験を開始したN700S確認試験車では、SiC素子を採用した駆動システムの導入、さらなる環境性能の向上を図る先頭形状の採用、車両に搭載している機器の状態監視機能の強化、フルアクティブ制振制御装置やバッテリー自走システムの搭載など、さまざまな最新の技術開発成果を適用しています。今後も、N700S営業車両に反映する新技術の最終確認を行っていきます。