私の創造

中央新幹線という前例のないプロジェクトで安全・安定輸送を実現する。

プロフェッショナル職(大学卒)(電気・システム)
水谷 友治

仕事

常に完璧な仕事を成し遂げることが私の使命。

受け継がれてきた技術と先端技術を融合し、さらなる安全・安定をめざす。

現在、私は山梨実験センターにて、2027年を目途とする中央新幹線開業に向け、超電導リニアにおける安全・安定走行を支える業務に携わっています。具体的には信号通信設備のブラッシュアップや、効率的な保守・運用体系の構築に取り組んだりしています。
時速500kmで走る超電導リニアは、レールを用いた既存鉄道とは異なる浮上式鉄道であり、これまで私たちが経験したことのないものとなります。まさに“前例のない仕事”に挑戦しているという醍醐味を感じながら日々の業務に取り組んでいます。超電導リニアに対する技術的知見はもちろんのこと、長年にわたって蓄積されてきた鉄道技術にも精通した上で、さまざまな先端技術も視野に入れつつ、新しい信号通信設備を生み出していくことは、電気技術のプロフェッショナルとしての誇りです。
私は、社会の基盤を担う仕事を通じて人々の日々の生活を支えたいという志のもと、就職先としてJR東海を志望しました。鉄道事業には昔から受け継がれてきた技術を大切に守っていくというイメージがありますが、その中で当社は超電導リニアという画期的な新技術への挑戦も続けています。学生時代の私にとって中央新幹線はまさに“夢の鉄道”というイメージでした。その憧れの存在だったリニア中央新幹線の実現に向けて、山梨実験センターという最前線で仕事ができていることには、大きな喜びを感じています。

 

万が一のミスも許さないという厳しさを自分に課して。

私が扱っている信号通信設備は、列車の安全・安定輸送を担保し、お客さまをお守りするという使命を担っています。そのため常に完璧な仕事が求められ、どんなささいなミスも許されません。私は最初の職場である大阪信号通信所で、身をもってこのことを実感しました。当時は新大阪駅線路増設工事が行われており、それに伴う切替工事は作業員が数百人にも及ぶ大規模なものでした。限られた時間内で確実な作業をするために、万が一にも工事のミスが発生しないよう、念には念を入れた徹底的な準備を行いました。本番では分単位のスケジュールで作業を進め、無事故で工事を完遂することができました。このときの経験から私は、どんな細かなことにも妥協せず、信念をもってやり遂げることの大切さを学びました。その姿勢は現在の中央新幹線開業に向けた取り組みにおいても変わりません。
中央新幹線開業後は、これまでの経験を活かし、現場の最前線で信号通信設備の保守・点検の業務に携わりたいと考えています。これからも中央新幹線の安全・安定輸送実現のために全力を尽くす思いです。

 

キャリア

信号通信設備の重要性を学びました。

'11-4月入社、新入社員研修
社会人としての心構えや鉄道の基礎知識等について学びました。厳しいところもありましたが、多くの同期と絆を深めることができました。職場はそれぞれ異なりますが、今も気軽に連絡を取り合っています。
'11-6月新幹線鉄道事業本部 関西支社 大阪信号通信所
東海道新幹線における信号通信設備の保全業務や工事監督業務に携わりました。営業列車の安全・安定輸送の一端を担っていることを実感し、やりがいと達成感を強く感じました。新大阪駅線路増設工事という大規模プロジェクトに携われたのは、いい経験となりました。
'14-7月中央新幹線推進本部 中央新幹線建設部 電気工事部
中央新幹線建設の計画業務に従事し、開業を見据えた工事計画を策定しました。具体的には、中央新幹線において必要となる信号通信設備の仕様検討や駅建設計画などを行いました。中央新幹線建設という“地図に残る仕事”に従事できたことは、大きな喜びでした。
'17-7月中央新幹線推進本部 リニア開発本部 山梨実験センター取材当時
山梨実験センターにおいて、信号通信設備担当として安全・安定走行を支えています。超電導リニア技術のブラッシュアップや、営業線に向けた効率的な保守・運営体系の構築などが主な業務です。

これからめざすもの

中央新幹線建設の第一線で、世界に誇る超電導リニア技術に関わり続けたいと思います。

プライベート

  • 夫婦ともに旅行が趣味です
    私も妻も旅行好きで、休みを利用して日本全国津々浦々の旅を楽しんでいます。最近は沖縄に旅行し、美しい海と地元料理を楽しみました。これからは海外にも足を延ばしてみたいと思います。
  • テニスを楽しんでいます
    中学から続けているのがテニス。会社の近くのコートを借りて、月に一度ほど、職場の仲間とラケットを振っています。時には管理職も交えてブレーしますが、一緒に汗を流しながらコミュニケーションを楽しんでいます。
水谷 友治

Profile

水谷 友治

プロフェッショナル職(大学卒)(電気・システム)
中央新幹線推進本部 リニア開発本部 山梨実験センター
2011年入社
総合科学技術研究科工学専攻修了