職種・系統紹介

車両・機械系統

お客さまに安心して快適に列車をご利用いただけるよう、在来線や新幹線車両のメンテナンスを正確・確実に行うのが「車両」の仕事です。検査は、一定の周期または走行距離に応じて、あらゆる角度から実施されます。特に、消耗品の交換や主要機器の動作状態の確認などは日常的に行い、大がかりな検査では車両のほとんどを解体してオーバーホールします。安全に高速走行できる車両であると同時に、より快適な乗り心地を提供するため、車両の細部にわたって入念に検査を行います。車種ごとに違う、車両に関する幅広い知識と、わずかな異常も見逃さない注意力、お客さまの安全を第一に考える使命感が何よりも必要とされます。

車両・機械系統で活躍する社員

MISSION

車両の修繕を通じて
日々の安全・安定輸送を支える

名古屋工場 車体センター/2005年入社

井上 貴義

TAKAYOSHI INOUE

WORK

お客さまの信頼にお応えするために、目立たぬところで汗をかく。

毎日大勢のお客さまを乗せて走る在来線。私はそのドアの修繕を担当しています。お客さまに安心してご利用いただくためにも、絶対にドアの故障は起こさせないという決意で、日々の点検や消耗品交換、修繕などに取り組んでいます。お客さまにとってドアの開け閉めが問題なく行われるのは当たり前のこと。お客さまの目に見えないところで、縁の下の力持ちとして当たり前の安心を支えていることに、私は大きなプライドを持っています。
ある時、朝の通勤列車でドア故障が発生し、現場へ急行することになりました。定刻での発車に間に合わせるために速やかに修繕を実施。その際、他のドアにも問題はないかという不安がよぎり、上司に連絡後、すべてのドアに対しても対策を行いました。迫る発車時刻との戦いでしたが、すべての対応を行って万全と胸を張れる状態で送り出すことができ、責任を果たせたという達成感を得ました。
私には、「JR東海の在来線のドアをすべて守っている」という自負がありますが、それでも職場の大先輩の知識や技術には足元にも及びません。現場で安全を支える私たちに求められることは、ルールを守り、ひたむきに仕事をすることです。そのため、これからも誠心誠意仕事に取り組み、先輩方の経験をひとつでも多く吸収していきたいと思います。日々身体を汚し、地味な作業の繰り返しに、派手さや近道はありませんが、安全・安定輸送を支える一員として、誇りを持って仕事をしています。

CAREER

'05 4月
入社、新入社員研修

一生働き続けるにふさわしい会社に入社したというよろこびを胸に、社会人としての生活をスタート。鉄道人としての基礎を学ぶことができた上、同期の仲間とも絆を深めることができました。

'05 6月
名古屋工場 教育センター

安全の重要性や在来線車両の構造などを学んだ後、車両で使われる電気配線や配管等を組み立てる基礎技能の習得に励みました。つねに自分に厳しく仕事をするベテランの姿勢には感銘を受け、私も人一倍の努力を心がけました。

'06 4月
名古屋車両区

名古屋車両区で車両の検査、修繕を担当しました。車両が故障したため、駅で停車中にお客さまの視線を浴びながら修繕を行った際の緊張感は忘れられません。

'07 4月
名古屋工場 車体センター取材当時

在来線車両のオーバーホールを行う名古屋工場で、お客さまや乗務員が出入りするドアに関する作業を担当しています。新人教育のトレーナーも担当し、若手の育成に取り組んでいます。
※オーバーホール:部品単位まで分解しての検査・修理

これからめざすもの

現業部門でキャリアを積んできたので、投資計画や人事などのオフィス部門での仕事にも挑戦したいと思っています。その結果得られたものを現場に持ち帰り、多角的な視点を備えた車両系統のエキスパートをめざします。

PRIVATE

妻と海外旅行を楽しんでいます

1年に1回、1週間程度の連続休暇を取得して、海外旅行をしています。写真は新婚旅行で妻とカナダで過ごした時のものです。プライベートの時間を大切にできる会社なので、仕事へのエネルギーもしっかりわいてきます。

山登りの達成感は格別です

3年前から登山をはじめ、会社の山岳クラブにも入部。まだ初心者の域を出ませんが、念願の北アルプス縦走も果たしました。登っている最中は本当に苦しいのですが、そのつらさを乗り越え、自分の足で頂上にたどり着いた時の達成感は格別です。