運輸系統 東京第一運輸所 岩本 大佑 2012年入社 外国語学部 英米語学科

SCROLL or CLICK

運輸系統 東京第一運輸所 岩本 大佑

岩本 大佑プロフィール

世のため、人のために働きたい。その時頭に浮かんだのが東海道新幹線。信条はGive&Give。その価値観に最もしっくりくる働き方がJR東海なら可能だと思った。

「実は運転士には、なりたくなかったんです」車掌、駅係員を経て、そろそろ運転士へとステップアップしようかという時のこと。人と接することが大好きで、接客こそ天職と信じて疑わなかった岩本は、“運転士になりたくない”と口走ってしまう。上司は「運転ができてこその接客もあるんだぞ」と叱った。「意味がわからなかったです、その時は」岩本は振り返る。

東海道新幹線1編成でお運びする1,300人以上のお客さま。ホームでその顔を見るたび、自分の手でその命をお預かりするという重さに、岩本の心は震える。

運転中もお客さま一人ひとりの顔を浮かべながら、ノッチを操作する。“なるほど、これが運転士としての接客か”上司の言葉の意味が、今はよくわかる。 

車掌として、車内で多くのお客さまに接してきた。禁煙席希望なのに間違えて喫煙席を買ってしまったお客さまには、空いている席までご案内。重い荷物を持って一緒に移動した。改札口でEX-ICのタッチがうまくいかずに乗車されたビジネスパーソンには、車内でその処理を行った。「“ありがとう”という言葉が返ってこなくてもいいんです。お客さまのお役に立てれば」

名古屋駅に勤務していた時、ベビーカーを押したご夫婦が指定席を買えずに肩を落としていた。「満席でお席をご用意できずに申し訳ありません」岩本はそう声をかけ、荷物を持ってホームまで付き添い、博多駅からの「のぞみ」なら自由席に座れるかも、とご案内。数日後、そのご夫婦はわざわざ岩本を探し当て、お礼を口にされた。「嬉しかったですね。今も忘れられません」

見返りは求めない。ただ、人が喜んでくれればそれでいい。それが岩本の人生観にして職業観だ。

岩本は、自動車販売業を営む父の背中を見ながら育った。無理な相談を持ちかけられても、父はいつも「なんとかするわ」と笑い、顧客のために汗を流した。その父は、いつも岩本に向けて笑顔でこう話した。「仕事は、世のため、人のため。見返りを求めたらアカン」だから岩本の心にあるのはGive&Giveの言葉。

“人に感謝されるために仕事をするんじゃない。ましてやお金のために働くんじゃない。ただ人に尽くすこと。それが岩本にとっての“仕事”ということなのだ。 「新大阪-東京を結ぶって、ただそれだけで世のため人のためじゃないですか。これ以上自分にぴったりの職場はないと思います」

運転士見習い時代、岩本は大雨による輸送障害を経験した。ダイヤが乱れ、新大阪駅で2時間以上待機した後、上り列車に乗務。大幅な遅れの中、回復運転に努めつつ、普段は停まることのない箇所で停止したり、車掌との連絡を密にしたり。

初めてのことばかりで、岩本の心は不安でいっぱいだった。だが、心の不安はきっとノッチ操作に現れ、停止時の不快感などとしてお客さまに伝わる。岩本はそう思ったから、“しっかりしろ”と自分に言い聞かせて運転を続けた。

お客さま一人ひとりの顔を浮かべながら、お客さま一人ひとりのために全力を尽くす。それが運転士としての接客。

「私たちが楽しく仕事をしてこそ、お客さまにも笑顔でいていただけると思うんです」

プロフェッショナル職として岩本は、後輩を育てていくという使命も担っている。笑顔で仕事を楽しむことを伝え、後輩を活かしていきたいと考えている。

もちろんそこにも見返りは求めない。人を育てるのも、岩本にとってはGive&Give。「いつもニコニコしてるって言われるんですよ」その満面の笑みで、これからも岩本は人に尽くしていく。

もう一度見る

岩本 大佑 運輸系統 東京第一運輸所 2012年入社 外国語学部 英米語学科

閉じる