私の創造

安全・安定輸送を支える責任を自覚しながら。

プロフェッショナル職(大学卒)(電気・システム)
勝俣 諭

仕事

技術力を活かして、新幹線を支える。

安全確保に、妥協はない。

幼いころの私は、実家のベランダから東海道新幹線の走る姿を見るたびに「かっこいい!」と目を輝かせていたものでした。
そのため、就職活動の際には自然とJR東海が候補に入り、憧れの東海道新幹線に関わる仕事がしたいと思っていました。大学ではシステム制御工学を専攻していたので、学んだことを活かし、鉄道事業の最前線で「縁の下の力持ち」となりたいという思いから、プロフェッショナル職の電気・システム系統を選びました。
最初に配属された豊橋信号通信所での仕事は、私にとって原点といえます。新幹線の線路沿いを実際に自分の足で歩きながら信号通信設備に異常がないか検査をすることで、安全を守るための妥協しない姿勢や技術を肌で体感しました。
3年目には豊橋駅の駅旅客案内設備の切替工事を担当しました。関係する部署との調整をしながら、試験方法や施工手順の検討を何度も重ね、リハーサルも繰り返し行いました。その努力により無事故で切替工事を終えることができた時の達成感はひとしおであり、また少しのミスも許されない仕事の厳しさも同時に学ぶことができました。

 

将来を見据え、技術の視点でより良い姿を考える。

現在私は、東海道新幹線全線の通信設備に関する保守管理、仕様検討、取替計画の策定や、取替作業の安全管理、工程管理を行っています。
鉄道輸送のために使用している通信設備も、経年に伴い設備の更新が必要になります。世の中の技術の進歩は目覚ましいものがありますが、将来にわたって安定的に使用できる技術・設備であるかを見極めることが大切です。いくら最新の技術であっても、必ずしも鉄道の安全・安定輸送に適しているとは限りません。導入後のメンテナンスや、すぐに陳腐化してしまわないか、コストが妥当であるかなど、計画策定の際には、慎重に手落ちなく検討することが求められます。
また、保守管理や安全管理、工程管理にあたっては、現業機関の社員や関係会社の方との連携が求められますが、私自身がかつて信号通信所で勤務していた経験が役に立っています。メンテナンス等の作業内容について、具体的なイメージを浮かべて的確な判断を下すことができていると思います。
東海道新幹線は日本の大動脈輸送の根幹であり、日本経済の発展に大きな影響を与え得る存在です。その全線を支える業務に携わっているため、半世紀以上にわたって築き上げてきた安全の歴史もつねに意識しています。今、まさに私もその歴史の1ページを刻んでいるというやりがいを感じつつ、この先も、世界に誇る日本の新幹線を技術力で支えることができるよう、自己研鑚を積みながら、妥協のない仕事を日々心がけています。

 

キャリア

一生をかけて取り組む仕事に出会えました。

'07-4月入社、新入社員研修
同期の社員と毎晩のように将来について語り合いました。お互いに絆を深めながら、これから始まる約40年間の会社人生への夢を描き、ワクワクしたことを覚えています。
'07-6月豊橋信号通信所
信号通信設備の保全および工事監督に携わりました。最初は慣れない業務ばかりで戸惑うことも多かったのですが、よい先輩たちに囲まれ、貴重な経験を積むことができました。「一生この会社でがんばるぞ!」と誓ったものでした。
'10-7月建設工事部 電気工事課
オフィス部門に異動し、通信設備の取替工事の設計および施工の調整を担当しました。多くの方とのやりとり、調整や交渉といった仕事を経験し、社内外に人脈を広げることができました。
'14-7月新幹線鉄道事業本部 電気部 信号通信課
東海道新幹線全線の通信設備についての工事計画策定、施工管理、保守管理を行っています。全線に関わる仕事を統括するという、非常に責任ある部署です。
'15-3月新入社員研修インストラクター
新入社員と寝食をともにし、社会人・鉄道人・JR東海社員としての基礎を教えました。人を指導することで私自身も成長できたと思います。教え子たちのこれからの活躍が楽しみです。
'15-6月新幹線鉄道事業本部 電気部 信号通信課取材当時
 

これからめざすもの

今後も東海道新幹線の安全・安定輸送を電気やシステムという技術面から支える仕事に携わりたいと思います。全線にわたる電気設備の更新など、大規模なプロジェクトに参加し、計画や設計に挑戦してみたいです。

プライベート

  • 年に一度はゴルフ旅行
    会社に入ってから始めたのがゴルフ。今では年に一度は同期や同じ職場の社員とゴルフ旅行を楽しんでいます。写真は同僚と伊豆へ行ったときのもので、プレーの後は温泉に入り、飲んで、食べて盛り上がりました。
  • パパになりました
    最近、息子が生まれたばかり。散歩をしたり、実家に集まってにぎやかに過ごすなど、育児を楽しんでいます。大きくなったら、東海道新幹線に興味を持ってくれるのではと、期待しています。
勝俣 諭

Profile

勝俣 諭

プロフェッショナル職(電気・システム)
新幹線鉄道事業本部 電気部 信号通信課
2007年入社
工学部システム制御工学科卒